セントラル浄水器のデメリット

セントラル浄水器は水道水に含まれる塩素(殺菌剤)をすべて取り除くので、殺菌剤が無い状態になります。よって塩素(殺菌剤)が入った水より、細菌の繁殖や水が腐敗しやすくなります。また、本状態に伴い、食器洗浄乾燥機との併用使用についての制限がある場合があります。セントラル浄水器は設備機器に近い浄水器なので、設置の制限や、専門の業者によるフィルターの交換が必要な製品になります。

水質安全性

浄水した水は塩素等の殺菌剤が残留していない為、味も良くニオイもありません。しかし、天然水と同様、腐敗も早くなる事になります。浄水した水が出来るだけ腐敗しないように、フィルターの材料にも工夫はされていますが、やはり水道水に比べ腐敗は早くなってしまいます。また、本体の構造を利用し、水道法に基づいた塩素を残留する事も可能です。その場合、味やニオイがしない程度の調整も可能です。

定期フィルター交換作業

浄水器ですので、定期的なフィルター交換が必要になります。一般的な浄水器は台所に設置されている場合が多く、お客様自身でフィルターの交換ができる事が多いですが、セントラル浄水器の場合は、屋外の設置である事や、水道管に接続されている事で、専門の業者でないと交換ができません。一見面倒に感じますが、フィルター交換と本体や水道管の点検も兼ねますので、より安心してご使用いただけます。

設置の制限

セントラル浄水器には幾つかの設置の制限があります。代表的な事として、原水を水道水に限定との理由で、食器洗浄乾燥機との併用使用の制限がある場合があります。食洗器のメーカーによっては、セントラル浄水器との併用で製品保証をしない事もあります。理由は水道水中の塩素(殺菌剤)を取り除く事による細菌の繁殖での食洗器の故障です。この様なケースの場合、本体の機構で併用出来るようにしています。

電話でご注文平日9:00 - 18:00